消防設備点検 東京都

消防設備点検 東京都

消防用設備等点検
消防用設備等点検とは?
設備点検の流れ
消防用設備点検Q&A

防火対象物点検 東京都
防火対象物点検とは?
防火対象物点検の流れ
防火対象物点検Q&A

消防設備・各種工事
改修工事例
増設工事例

インフォメーション
消防法について
防災グッズ

会社案内
会社概要・地図
よくある質問
お問い合わせ・サイトポリシー
個人情報取扱について
リンク集

防火対象物点検とは 消防点検 防災点検 消防設備点検
  防火対象物点検とは

防火対象物点検について
防火対象物点検について 平成15年10月1日に施行された消防法の改正にともない、
一定の防火対象物の管理について権限を有する者は、
防火対象物点検資格者に防火管理上必要な
業務等について点検させ、その結果を消防長または
消防署長に報告することが義務付けられました。

この点検は消防用設備等定期点検とは異なりますので、
防火対象物点検の対象は、両方の点検及び
報告が必要となります。

防火対象物点検資格者とは
防火対象物点検資格者とは、総務大臣の登録を受けた登録講習機関が行なう
講習を修了し、免状の交付を受けた者のことを言います。

この講習は、防火管理者として3年以上の実務経験を有する者など
受講資格のある者のみ受講することができます。

防火対象物点検の項目
防火対象物点検資格者は、消防法令に定められている以下項目等の点検を行ないます。

主な点検項目
(1)防火管理者を選任しているか。
(2)消火・通報・避難訓練を実施しているか。
(3)避難階段に避難の障害となる物が置かれていないか。
(4)防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか。
(5)カーテン等の防炎対象物品に防炎性能を有する旨の表示が付けられているか。
(6)消防法令の基準による消防設備等が設置されているか。

防火優良認定証の表示
建物のすべての部分が3年間継続して消防法令を遵守していると
消防機関が認めた場合は、「防火優良認定証」を掲示することができます。
確かに消防用設備のほとんどが普段なら存在すら忘れてしまう程に静かにしています。
しかし、災害が起こればその能力を発揮して、被害を最小に抑える働きをするのです。

半年に1度の点検は、「その万一の時に能力を発揮できる状態であることを確認する」
という意味合いと、花瓶や置物のような物であれば、触らなければ
壊れることはないでしょうが、消防設備の機器は機械的な物がほとんどですから
たまに動かしてあげることで機能の低下を防ぐという面もあります。

実際に何年も点検をされないで放っておかれた物件などの設備では、
「ポンプが錆び付き全く機能しない状態になっていて高額な修理費がかかってしまった。」
なんていう事例もたまにあります。

【平成18年10月1日以降のもの】
防火優良認定証

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
  メールでのお問い合わせの場合

Page top▲

HOME会社概要・地図よくある質問お客様の声
お問い合わせ・サイトポリシー個人情報取扱についてリンク集

COPYRIGHT(C)2010 有限会社 西武消防設備 ALL RIGHTS RESERVED.